妊婦便秘

妊娠すると便秘しがちなるって、本当でした

私が初めて「便秘って辛いな」と思ったのは、息子を妊娠中の時でした。

 

それまでの私は、快食快便タイプ。
そこまでひどい便秘というものは、体験したことがありませんでした。

 

妊婦となることで、自分の体に沢山の変化が起こりましたが、
便秘になるということは、正直言って、全く予想もしていませんでした。

妊婦が便秘になる原因のひとつは、女性ホルモンだそうです

まず、妊娠すると女性ホルモンである「黄体ホルモン」が活発に分泌され始めます。
黄体ホルモンは、妊娠を維持する働き、つまり流産を防ぐ働きをしてくれるそうです。

 

しかしその一方で、

 

  • 体の水分を吸収する黄体ホルモンは、腸内の水分までも奪います。
  • 腸内の水分が少なくなると便は硬くなり、排便しづらくなるのです。

 

  • また、黄体ホルモンは、腸のぜん動運動を抑える働きもします。
  • 腸が活発に動いてくれないと、スムーズな排便も出来なくなります。

子宮が大きくなることも、便秘の原因になるんですね

おなかの赤ちゃんがスクスク育ってくれるのは、本当に幸せこの上ないことです。

 

しかし、大きく育っていく赤ちゃん(子宮)は、やがて腸を圧迫しはじめます。
そうなると、排便がスムーズに出来なくなり、便秘になります。

 

私の場合、安定期から臨月にかけての頃、便秘に悩まされました

安定期になったからといって、トイレで思いっきりふんばることは出来ないです。

 

ふんばれなければ、便もなかなか出てくれようとはしません。
この時期は、結構、辛い時期でした。
しかもその当時の私は、便秘に対するオリゴ糖の効果もよく知らなかったんです。

 

ひたすら、ヨーグルトや便秘に良い食べ物を摂ってました。

天然のオリゴ糖だから妊婦も安心して摂れます

結局、私の場合は、妊婦便秘が深刻な状況にはならずにホッとしました。

 

大きな声では言えませんが、その代わり痔になりました。
お尻がヒリヒリして、脱肛しているような気がしたのですが、痔でした。

 

こちらも、初めての経験でした。
病院で痔の塗り薬をもらって、日々塗って治していきました。

 

まあ、今となっては、いい思い出です。。。

 

カイテキオリゴの旧名は「北の大地の天然オリゴ糖」だそうです

当時の私が、カイテキオリゴを知っていたら、すぐに購入して使っていたでしょうね。
しかし、残念ながら、その当時は存在すら知りませんでした。

 

いつから発売になっているのかな?

 

<カイテキオリゴ>は、
以前は<北の大地の天然オリゴ糖>という名前で発売されていたようです。

 

名前が長すぎるから、改名したんでしょうかね。。。?

カイテキオリゴが好かれる理由は?

私がカイテキオリゴを買ってみようと思ったのは、
もちろん知り合いから勧められたということが大きいです。

 

それと、公式ホームページ⇒こちらをひと通り読んでみて、
やっぱり心惹かれましたね。

 

もちろん、マイナスなことは書くわけないとは思いますが、
それでもやっぱり使ってみたかったです。

 

詳しくは、公式サイトでチェックしてもらえば分かると思うので、
ここでは簡単に説明しておきますね。

  • カイテキオリゴの原材料は「ラフィノース、みるくオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖、ショ糖」と、袋に書いてあります。

    ちなみにラフィノースとは、北海道のてん菜から抽出精製された世界で唯一の高純度結晶オリゴ糖です。

  • 高純度だから、妊婦の便秘はもちろん、赤ちゃんも使うことができます。
  • 善玉菌を増やす働きをしてくれるオリゴ糖ですが、カイテキオリゴは30種類以上の善玉菌ほぼ全てをまんべんなくサポートできます。

自分で体験して初めて分かった、便秘の辛さ

高校時代に、いつも便秘気味だった同級生がいました。

 

便秘薬を飲んでは下痢をし、下痢止めの薬を飲んでは便秘をし。。。
そんな話を、当時彼女からよく聞いていたような気がします。

 

申し訳ないけれど、その当時彼女の話は、全くの他人事でした。
「へー、そうなんだー。」で、終わっていたんですね。

 

しかし、今現在、自分が便秘に悩まされるようになって初めて、
彼女が、どれだけ大変だったのかが理解できました。

 

やっぱり、何でも自分自身で経験してみないと、実際の辛さはわからないものですね。

 

便秘の辛さが分かった今、当時の彼女を思い
「あの時はごめんね。。。」と、心のなかで反省しています。


 
ヨーグルトとオリゴ糖 飲み物とオリゴ糖 スムージーとオリゴ糖 ごはんにオリゴ糖